よくクレカの上限額があなたが日々使用する以上より多めに決められていると所有者は問題ないと思い誤って、必要以上にを使ってしまったりするきらいがあるようです。そのようなクレカ使用の危険をコントロールするために使用できる上限額をあらかじめ低めにコントロールしておこうというお勧めが、以下の文章の主旨となります。カードの限度額を引き下げる方法:クレカの限度額をコントロールすることは利用限度額を多めに設定することと等しく、とても手軽です。利用カードの裏面に書かれているコールセンターにダイヤルして、「月の利用限度額を引き下げたい」というふうにエージェントには依頼するだけです。だいたいは今のカードの限度額と比較して低ければ込み入った手続きもなくスムーズに限度額のコントロールができてしまいます。月の利用限度額をコントロールしておくのは危険を避けることとも結びつく◇クレジットカードの限度額を引き下げておくことは、自分をコントロールできるというようなメリットはもちろん自分を守ることとも関連があります。万が一、使っているクレカが紛失等により知らない間に使用されたとしても前もってカードの利用限度額を低く設定しておけばリスクを最小限にとどめることもできるためです。安心して欲しいのは、もし仮にカードが偽造されることになったような状況でもクレカの保有者に重大な違反と思えるものがなければ盗難保険として知られる機能が契約者を保護してくれるので不安を感じることはないですが、もしものために必要以上のカード上限額は下げるようにしておくのも良い方法だと思います。必要のない上限設定は百害あって一利なし・・・にすぎません。